19

今度は、お客さんがクラブやキャバクラで飲んだ時、どれくらいの料金を支払わないといけないのか、ということをお伝えします。

自分を指名するお客さんを管理するためにも、大雑把にでも良いですので、飲み代は把握しておかなければなりません。

 

クラブ

元々は座った時点で料金が発生し、お店に滞在する時間の制限はありませんでした。

長い時間いてくれても、その分高いお酒やフードを注文してもらえれば売上が上がるので歓迎です、というかたちでした。つまり、席代よりもドリンク代で稼ごう、という考え方です。

しかし最近では、キャバクラのように時間を区切って料金を請求するお店も多くなっています。

70分~90分でお客さん一人当たり6~7万円支払います。その内訳としては、3~4万円程度がサービス料・タイムチャージ・ホステスチャージ(=指名料。指名料は3千円程度です。)で、お酒のボトルが2万円以上、といった感じです。

客層は、会社役員・医者・弁護士など、エグゼクティブな職業の人が大半で、かつ年齢も高い傾向にあります。

それにしても高いですね~!最近では、高級クラブも高級キャバクラもジャンルが違うだけで、女の子のレベルは同じようなものですから、なんかもったいない気がします(笑)

でも、クラブはママやチーママその他お姉さんなど、数人ついてくれることもあるので、賑やかに飲みたい人や、とにかくちやほやされたい人にはうれしいのかもしれませんね。

もちろん、クラブであろうとキャバクラであろうと、お金を出せば何人でも女の子を追加することが可能です。

 

キャバクラ

一方キャバクラは、初めからお酒代ではなく席代で稼ごうという考え方です。それ故、長くいればいる程お勘定は高くなります。

クラブにしてもキャバクラにしても、飲み代をセット料金と言います。セット料金は、クラブの場合と同じくサービス料やタイムチャージと内訳することが出来ますが、それが一体いくらずつなのか、ということはお店ですら意識していないと思います。

1セット=1時間ですが、その料金は時間帯によって変わります。19時~21時までの比較的早い時間帯は5~6千円、21時~は8千円、22時~は1万円など、時間帯が遅くなるにつれて高くなります。

ドリンクは、ボトルを入れるか1杯ずつ頼むかになりますが、1杯ずつ頼む場合は女の子にも飲ませないといけないので割高になるかもしれません。安い場合は1杯千円くらいですが、通常は2千円はすると思います。

キャバクラの指名料も3千円程度で、同伴料も同じくらいです。

指名もせず一番早い時間から1時間だけ飲むとすれば5千円くらいで済みますが、通うとなれば必然的に高くなります。

もし、同伴して9時からお店に入ったとして、指名料と同伴料の6千円+1セット8千円+ドリンク代とすれば、自分のボトルを入れていたとしても平均で2万円は払うことになるでしょう。同伴の時の食事代もお客さんが出し、タクシーで移動なんかすると3万円が吹っ飛びます。

お気に入りのキャバ嬢と2~3時間過ごすだけで、3万円以上遣わなければいけない、それは普通のサラリーマンも同じであることを覚えておいてください。